草加市 I様の旅行記

蔦温泉旅館は、大正時代に建てられた風情がある一軒宿です。すぐ近くにある沼めぐりのハイキングコースを歩くと、静かな沼の水面には周りの木々が映り込み、とんぼがたくさん飛んでいました。温泉は浴槽の床から源泉が湧き出すめずらしいタイプで、時々気泡がブクンと上がってきます。広い休みどころには湧水(おいしい!)が冷えていて、椅子に座ってきれいな庭を眺めることができます。夕食を楽しんだ後に外に出ると、夜空には満天の星。こんな美しい星空を見たのは初めてでした。朝食は和洋のバイキング形式です。いかメンチやニシンの麹づけ、小さいおはぎなど、おいしいものばかり。とても素敵な宿でした。
翌日は、八甲田山を超えて青森へ。まず、青森県立美術館へ。シャガールのアレコや奈良美智のあおもり犬、棟方志功の版画などを鑑賞しました。次にとなりの三内丸山遺跡へ。復元した竪穴式住居に入ることができます。大型の住居はホールのようで、集会所だったとの説もあるそうです。巨木を組み合わせて蔓でしばって家を作る技術に圧倒されます。午後は青森からいよいよリゾートしらかみに乗ります。窓が広くゆったりとしたシート。車窓からは鈴なりになったリンゴ畑が見えます。あいにく雨が降り始めましたが、千畳敷で一時停車するに頃には上がり、江戸時代に岩が隆起した跡という岩畳の浜べを散策しました。

ウェスパ椿山駅から黄金崎不老ふ死温泉へ。海岸の露天風呂から見る日没に間に合いました。鉄分を含んだ黄土色のお湯につかり、少しずつ沈む真っ赤な大きな夕日を眺めます。夕食の後は津軽三味線の生演奏がありました。宿のすぐ近くには灯台があり、暗くなると旋回する灯りが見られます。
朝風呂を楽しみ、おいしい青森のりんごやプルーン、深浦雪にんじんのジャム付きのヨーグルト、焼き立てのクロワッサンなどの朝食をいただきました。海べを散歩すると、目の端から端までが水平線で、わずかに弧を描いています。地球は丸いと実感しました。

ウェスパ椿山からリゾートしらかみで秋田へ。海べりを走る車窓からは青い空と、雲が映り込んだ青い海。時々奇岩が現れます。
あきた白神駅では予約していた駅弁(晩酌セット)を車両まで持ってきてくださいました。車窓からの眺めを見ながらいただく味は最高でした。内陸に入ると金色の田んぼが続きます。八郎潟の広大な田んぼが見事でした。リゾートしらかみを満喫し、2つの温泉と青森の食を楽しんだ最高の旅でした。

びゅうトラベルコメント

この度は、「こだわりの温泉とリゾートしらかみに乗車する青森満喫の旅3日間」の旅にご当選、誠におめでとうございます。
また、青森のご旅行につきましてご満足いただけたことを大変光栄に存じます。
今後もその土地ならではの四季折々の観光・味覚を取り入れた、より良い企画商品のご提供に努めてまいりますので、
引き続き弊社の旅行商品をご愛顧いただきますよう、何卒よろしくお願い致します。