岡崎市 W様の旅行記

12月7日、一泊二日で「志摩観光ホテル」を利用させていただきました。

伊勢志摩サミットで話題になった「志摩観光ホテル」は、落ち着いた雰囲気の「ザ クラシック」、ちょっと豪華で華やかな「ザ ベイスイート」、開業当時の面影が残った「ザ クラブ」から成り、島全体がひとつの空間となっています。

私たち夫婦は「ザ クラシック」に宿泊予定で、16:00の遅めのチェックイン後、早速「ザ クラブ」にて「アフタヌーンティーセット」をいただくことにしました。長時間の運転もさることながら、途中立ち寄った「曽爾高原」の山歩きでお腹が空いていたみたいで、もうすぐ夕飯だというのに、夫は「美味しい・美味しい」を連呼して全部平らげてしまいました。

この建物は、1951年のホテル開業当時の面影が残った、和の趣きの落ち着ける場所で、土、日曜日には、無料のJAZZやクラシックギター演奏も楽しめるとのことでしたので、是非、ゆったりと楽しまれるのが良いかと思います。

待望の夕食は「伊勢海老料理」と「鮑のステーキ」がメインです。
この鮑が肉厚で弾力があり、さすが、志摩観光ホテルの看板料理。
私が薀蓄かたるより、ホームページで見ていただいた方がきっと良いですね。

満足一杯、お腹一杯の夕食後、ちょっと館内探検。

伊勢志摩サミットで使用されたテーブルで記念撮影させていただきました。
「座っても良いですよ」とのことでしたので、夫は、オバマさん椅子に座ってポーズを決めてご満悦の様子、記念撮影をさせていただきました。

翌朝は予報どおりの雨。
朝食後、事前に申し込んでおいた「館内見学ツアー」も「館内」のみとなりましたが、案内された方のお話が上手で、ホテルの生い立ちや歴史のお話に、しっかり楽しませていただきました。
因みに、「華麗なる一族」の著者、山崎豊子さんも、当ホテルを贔屓にされていたようで、使用されていた机も置かれていました。

後、「ザ ベイスイート」の屋上庭園で記念撮影です。
ここは、「伊勢志摩サミット」の際、横並びで記念撮影された有名な場所で、見晴らしもすばらしく、宿泊された大半の方が立ち寄られる場所とのことでした。
その後、ラウンジで一息ついて、10:30にチェックアウトしました。

日常とは別世界のひと時を過ごせ、最高でした。
「サミット開催のホテル」としか知識が無かったのですが、60年以上歴史があり、当時の面影を大切に残していて感銘を受けました。
温かいおもてなし、すばらしい料理!、ありがとうございました。

近畿日本ツーリストコメント

この度は、志摩観光ホテルに泊まるプレミアムコースにご当選
おめでとうございます。


2016年伊勢志摩サミット開催ホテル「志摩観光ホテル ザ クラシック」
の魅力を
あじわっていただけ大変嬉しく思っております。


アフタヌーンテイーや夕食の伊勢海老・鮑料理のフレンチも
「満足一杯・お腹一杯」とご堪能いただきありがとうございます。


おっしゃるとおりサミット開催ホテルだけでなく、歴史や伝統ある
志摩館観光ホテルの魅力たっぷりの企画に
ご応募・ご参加いただきまして
ありがとうございました。


今後もお客様にお楽しみいただけるご旅行を提案して参りたいと思います。