マッサージとは、皮膚に求心的な施術をすることによって主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的とした手技療法です。また、マッサージは、フランスで生まれた手技療法を指していますが、同じような効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式によるマッサージも便宜的に「マッサージ」と呼ばれています。また、マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法です。そして、マッサージは厳密にいうと指先などの末梢部から心臓に向かって施術を行います(按摩の施術はその逆となります)。また、マッサージには静脈やリンパの滞りなどを改善してその流れを促進する効果があります。さらに、スポーツや運動する時の前後には、筋肉の緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられます。他にもマッサージによる(適度な)刺激などによって、緊張の緩和などをもたらし、さらに筋肉痛を和らげます、また排便を促す、または気分が和らいで眠りを誘う、などという効果があります。また、マッサージは通常の医療の場でも(リハビリテーションなど)、さらに代替医療の場などでも、いろんな健康増進目的によって個人が自分自身で行っていく形(セルフマッサージ)でも行われています。

トップに戻る